診療方針

インフォームドコンセント

ていねいにきちんと

それらについての説明をわかりやすくていねいに行い、理解していただき納得していただいてから、治療を始めます。

ペインコントロール(疼痛管理)

できるだけ痛みのない手術と処置を そして、より安全な麻酔を

すべての手術で術前より鎮痛剤を使用し(先制鎮痛)、術中は鎮痛剤持続点滴や局所麻酔剤を併用、術後にも鎮痛剤を使用することにより、できるだけ痛みを少なくして吸入麻酔濃度を低く維持し、早期の回復を目指します。

ペインコントロール

特に力を入れている分野

歯科

歯科

日本小動物歯科研究会 技能レベル1~4終了。

適切な歯科治療処置をほどこした後、ご自宅でのデンタルケアーの継続を指導推奨しています。歯科予防処置は老化を防ぐ助けの一つとなることはまちがいありません。

循環器・心疾患

循環器・心疾患 熟練した検査機器使用による診断、それに基づいた適切な治療・処置により、より良い生活の質を目指します。

軟部外科

軟部外科 超音波凝固切開&超音波乳化吸引装置(超音波手術システムSonoSurg)や高周波電気メス等の導入により、腹腔内に縫合糸をなるべく残さないより安全で低侵襲の手術を行っています。

シニアケア

私たちは、仔犬・仔猫期、成犬・成猫期の動物たちのケアに加え、シニア期の動物たちのケアに取り組んでいます。
外来で行えるシニア検診をはじめ、看護士による飼い主様向けシニア教室の開催など、シニア期の動物たちが、ご家庭で安心して心地よく暮らせるよう、また飼い主様がそれぞれに合わせたケアができるようサポートしています。

清潔な環境

通常、一日2回の全館消毒清掃

清潔で整頓された院内。

細かいところまで消毒清掃が行き届き整った環境で診療を行っています。